top > profile



Profile

稲葉ゆきえ(料理家)
愛称スヌ子(スヌーピーが大好きで顔も似ているため)。
青山学院大学文学部日本文学科卒業後、(株)婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。
食い倒れる編集者生活を謳歌した後、2児を出産。
育児休暇中に始めた料理ブログで、独創的なアイデアレシピを多数発表。
2009年、自宅で料理教室をスタート。2010年、日本橋に「ギャラリーキッチンKIWI」を共同で開設。
2011年、16年勤務した会社を退社し、料理家として独立。レッスン数を増加。
現レギュラーメンバー数は72名。
同レッスンのメーリングリスト登録者数は442名(2019年5月現在)
雑誌編集者として、またワーキングマザーとしての視点を生かした
手軽で華のあるレシピをレッスン、雑誌、企業誌、web、広告などで公開。
様々なジャンルが入り交じった、新しいおうちごはんのあり方を提案中。

【著書】
酔いどれスヌ子の麗しごはん』(小学館)
夜ふけのおつまみ』(角川新書/KADOKAWA)

【テレビ出演】
「スヌ子のぶらり酔いどれ飯」(2017年〜、CSファミリー劇場)番組公式サイト

【ウェブ連載】
旅するメディアびゅうたび「命の洗たく旅」(2018.11〜)公式サイト

【おもな掲載誌】
「Domani」(小学館)「スヌ子の徒然めし」(2014年1〜2015年12月号)
            2015年1月号別冊付録「OTSUMAMIレシピカードブック」
           「美人めし1、2、3」(2013年1〜12月号)
「FRaU」(講談社)「これさえあれば!のお取り寄せ(2013年6〜2015年2月号)
「暮らし上手(エイ出版社)
「STORY」「美st」(光文社)
「レタスクラブ」(角川マガジンズ)
「Oggi」(小学館)
「CREA」(文藝春秋)
三菱地所レジデンス「レジデンスクラブ」 
ハウスメイト「OWNER'S WAY」連載中
ヒルトン・グランド・バケーションズ「Vacation Style」連載中
三越伊勢丹会報誌「プレジール」 
京王百貨店会報誌「tea time」 
コスメブランド「クラランス」フリーペーパー「bell」
美容器具・コスメブランド「フヨウサキナ」会報誌「サキナージュ」連載中
ほか掲載多数。

【おもな動画】
ボルドーワイン委員会「スヌ子のワインなごはん」YouTube動画
ヒューマンアカデミー ビューティ薬膳講座 スペシャル動画レッスン

【新商品関連レシピ監修】
株式会社ウィズ かき氷機「YukiYuki」添付レシピブック監修

詳しくは「メディア」のページをご覧ください。

【公式ブログ】
酒とごはんとオヤツとスヌ子





畠山泰英(編集者/キウイラボ代表)
海洋学と美学を学んだ後、
朝日新聞の科学誌『サイアス』にて編集者のキャリアをスタート。
以降、『ソトコト』編集部などを経て独立。
2005年、編集プロダクション「クマプロ」(書籍『クマにあったらどうするか』にちなみ)を設立。
2010年「ギャラリーキッチンKIWI」を東京日本橋に開設して、
サイエンス・カフェ「大人の科学バー」と「キウイ寄席」を主宰。
2014年4月に「Web科学バー」創刊(毎週更新中、関連書籍2冊刊行)
全国科学博物館協議会(国立科学博物館)「全科協ニュース」編集委員。
修士(理学)、学芸員資格。
企画編集した書籍は『クマにあったらどうするか』(ちくま文庫)、
『88ヶ国ふたり乗り自転車旅』(幻冬舎文庫)、『素晴らしき洞窟探検の世界』(ちくま新書)
『宇宙はどこまで行けるか』(中公新書)、『系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史』(ベレ出版)ほか多数。
『軽石 海底火山からのメッセージ』(八坂書房)は第30回沖縄タイムス出版文化賞を受賞。
著書に『秋田犬の父 澤田石守衛(木楽舎)がある。
企画制作から販売まで手がける「系統樹マンダラ」シリーズ・両面特大ポスター
【真獣類編】【鳥類=恐竜編】【四足動物編】に続き、
4作目【霊長類編】を(財)日本モンキーセンターと共同制作
5作目【カメ編】はクラウドファンディングを実施。344名の支援者から
達成率118%の支援を受けて成立。2018年7月刊行。
同シリーズは国立科学博物館のミュージアムショップ等で販売中

ブログ「科学バー店主のブログ